隣のアングラー

クランクベイト。巻けば釣れるという意味のルアー。クランクベイトは、2種類に大別される。いわゆるクランクベイトとバイブレーション。アメリカでは、バイブレーションは、リップレスクランクベイトと呼ばれている。

同じクランクベイトとはいえ、やはり使い方は、異なってくる。バイブレーションが呼び込んでバイトさせることに対して、クランクベイトは、バスのいるレンジにぶつけるように使う。

たとえば、ウィードから湧いてくるようにバイトさせるバイブレ。サスペンドしているバスにぶつけるように使うクランク。ぶつけるのは、バスだけではない。

ボトムにノックさせる。ストラクチャーにコンタクトさせる。立ち木やオダなどの障害物にコンタクトさせる。コンタクトさせ、ヒラを打ったときにバイトが集中する。

とにかく、クランクベイトは、ぶつけてナンボのルアー。ぶつけるものがあってこそ威力を発揮する。オカッパリなど、ストラクチャーを把握しにくい場合でも、クランクベイトを有効的に使うこともできる。

クランクベイトで広く探っていると、障害物にヒットした瞬間にバイトがある。次に、そのバイトがあった付近を、重点的に、ワームでフォローしてみる。

たとえば、周囲がワームでやっている中、人知れず、バスを手にすることができる。隣のアングラーと同じワームフィッシングであっても、明らかに異なるアプローチとなる。

そこで、もう一匹手にしても、隣のアングラーには、なぜなのかは判らない。知らず知らずのうちに、この「隣のアングラー」になることを選んではいけない。

「なんとなく」を出来るだけ排除する。そこに、明確な「意図」があれば結果に繋がっていく。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)