キャスティングアキュラシー

葦際に絡むレイダウン。ブレイクに絡む橋脚の端。ハニースポットにルアーを通すとき、1回目と2回目では、その反応率は驚くほど激減する。ミスキャストは、サカナを遠ざける最大の要因となるのだ。

入れたいところに一発で決める。アングラーにとって、至上命題だ。圧倒的に手にするサカナを左右する、ターゲットスポットに確実にルアーを送り込むスキルを高めることは、アングラーにとっては、避けては通れない道のひとつ。

とにかく、投げ続けて練習するしかない? いや、そんな回りくどい練習を繰り返す必要はない。次の一投からキャスティング精度を高める方法がある。

この方法を使えば、次の瞬間からキャスティングの精度は間違いなく上がる。その方法とは、「点」を狙う事だ。目標は、常に「点」にする。それも、出来るだけ小さくすることだ。

葦の先っちょ。波の端っこ。何でもいい。とにかくルアーを落としたい場所を、「点」で捉えること。あのへんとか、このへんではない。目標は、常に「点」にする。それも、出来るだけ小さく。

ダーツを思い出して欲しい。ダーツの的全体に狙いを定めたとしたらどうだろう。中心の「点」を狙うからこそ、その付近により近づける。ただ、漠然とキャストし続けることでは、目を見張るような向上をみせない。

「点」を定めて、それに近づける練習をすると格段に技術は向上する。目標は、常に「点」。バス釣りは、ハンティング。銃で狙い撃ちするように、目標に照準を合わせる。

誰もが試せて、そして結果には再現性が伴う。これが、本当の「使える」シークレットだ。もう、キャスティングが悩みとなることはないだろう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)