ルールが違うゲーム

ボートで釣りをするボーターは、岸際を狙う。陸っぱりアングラーは、沖を狙う。「あそこにキャストできれば・・・」。--となりの芝生は良く見える。

いろいろと模索することは、悪いことではない。しかし、その模索は肯定的なものになっているだろうか。総合的なパターンを追うゲームでは、圧倒的にボート釣りに有利なルールになる。

サカナの移動範囲に制限なく移動し、アプローチすることができるからだ。しかし、陸っぱりで獲れるサカナは存在する。陸っぱりでしか獲れないサカナがあるといっていいかもしれない。

それぞれのゲームのルールにあった選択を行うことが、自分のゲームを有利に進めるためのコツだ。いくらパターンを組み立てる知識やノウハウがあっても、ルールを変えなければストレスばかりを感じてしまうことになる。

ストレスは、集中力を削ぐ悪魔のような存在。ストレスを感じながらキャストすることは、決して良い結果をもたらさない。「陸っぱりとボート釣りでは、ゲームのルールが違う」。このことを、認識するとスタンスやアプローチに、柔軟な変化を持たせることが出来る。

陸っぱりからは攻略することが出来ないとしたら、自分の中でルールを変更すればいい。メディアのテクニック情報を読み租借するときでも、どちらのルールの見方をしているかをチェックする。

ルールが違うやり方を、いくら真似たり活用しようとしても、そもそもルールが違えば、そのまま当てはめることは難しい。陸っぱりとボート釣りでは、キャストできる範囲に違いがある。得られる情報量も、アプローチするバリエーションも違う。

だから、パターンを組み立てる場合でもスタンスが異なる。もちろん、タックルセッティングも異なってくる。シーズナルパターンなど、共通するルールはもちろんある。

ただ、気持ちよく、自分のサカナを手にしたいなら、ゲームのルールを変更することに躊躇しないことだ。釣り方に、いい釣り方、悪い釣り方などない。「自分のサカナ」を手にすること。それだけだ。

自分の置かれた状況や環境に合わせて、ルールの変更が出来る柔軟性も重要なスキルのひとつだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)