駆け引き

アタリを感じてフッキングする。バスはエラ洗いをしてフックを振り外そうとする。フックと直接繋がっているプラグやジグは、エラ洗いの振りの力にルアーの重量が加わって、直接フックに伝わることで外れやすくなる。

これは、バラシの原因のひとつだ。ルアーの重量が重ければ重いほど、その力は大きくなるので、エラ荒いで外れる確率は上がる。 テキサスリグが、バレにくい理由は、その振りの力を左右するシンカーが動くところにある。

フッキングの後、シンカーがスライドすることで、エラ洗いの際の振りの力が直接フックに伝わらないからだ。このエラ洗いの原理を理解すれば、エラ洗いによって動かされるルアーの振り幅を制限することが、バラシを軽減することに繋がることがわかる。

そのためには、ラインに適度にテンションを与えること。そうすれば、ルアーの振り幅は制限される。「適度なテンション」というところがミソだ。

あまりテンションを張りすぎると、身切れやラインブレイクを起こす可能性がある。バスとの駆け引きを楽しむ要素として、「適度な」ラインテンションをコントロールする。

フッキングからランディングまでの過程の、こうした「駆け引き」がバス釣りの醍醐味のひとつでもある。バスとの「間」。時に強引に、時に身を任せるように。

バスとつなぐラインに、相手の「気」を感じながら引き寄せていく。相手のペース、自分のペース。その過程にお互いの力を感じたとき、アングラーはある種の恍惚感を得ることができる。

「ナイスファイト」。そう賞賛出来るような「駆け引き」を、 いつも期待してフィールドに足が向く。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)