バスとストラクチャー

昨今のバスは、ストラクチャーにつかないという。これは、ある側面では正しく、また、もう一方の側面からは正しくない。バスがストラクチャーにつかなくなったのは、プレッシャーによるところが大きい。

つまり、誰もがルアーを投げ入れるような、”わかりやすい”ストラクチャーには、バスはいない。正確には、いるかもしれないが、ルアーには、バイトしてこないといっていいだろう。

そういった意味においては、”ストラクチャーにつかない”という表現は正しい。しかし、バスは、あくまでもストラクチャーフィッシュだ。それは、バスがハンターである以上、その性質を変えることはできない。

つまり、”付くストラクチャーが変化しただけ”といえる。それは、一見、判りにくい変化やストラクチャー。通常、ルアーを通されないような場所ということになる。

そういった背景を踏まえてみると、アングラーは、”付くストラクチャーがありそうな場所”を見る目が必要だ。大局的な視点でエリアを絞込み、さらに、ここに変化あればバスはいると読む。

そのある種、漠然とした状況に対しても、集中してアプローチしていけることが求められる。確かにベイトについて回遊しているバスもいるだろう。

しかし、本来、そういったバスよりも、ストラクチャーについているバスの方が釣りやすい。バスを探す第一歩は、インビジブルな魅力的なストラクチャーを見つけること。

テクニックやメソッドに過信することなく、基本スタンスを、見失わないようにしたい。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)