釣りに行く

キャストして、巻き上げるまでの何を思うか。その重要性は、極めて高い。まるで、サカナとの偶然の出会いを期待して、漠然とキャストして、巻き上げてくる。

これでは、状況が厳しいければ厳しいほど、サカナの顔を拝むことは難しくなる。必要なことは、「釣れる」ことを期待するのではなく、「釣りにいく」という積極的な心構えだ。

その小さな気持ちの違いは、わずかにルアーの影響範囲を変える。あと少し沈めれば、あと少しタイトに落とせれば、あと少しステイさせていれば、あと少し・・・。

この”あと少し”を生み出すのが、「釣りにいく」という心構えだといえる。「釣りにいく」というメンタリティは、その背景に、「自分は必ず釣る」という信頼がある。

釣れるか釣れないかは、技術の差はあるだろう。しかし、それ以上にこうした背景の違いは大きい。これは、ポジティブ思考と表現されるかもしれないが、ポジティブ思考の真髄は、「何を信じているか」だ。

「自分は、スゴイ」と言葉で発してみても、どこかでそれを疑っていれば、それは「ただの言葉」。

自分の中に、「釣りにいく」ための、信頼のメンタリティを育てていこう。それを支えるのは、まさに釣れた経験。釣れた経験は、しっかりとかみ締めて自信につなげよう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)