見定め

バスは、音などの水の波動に反応する。波紋や気泡など水を動かす要素も同じだ。そのルアーの動きが俊敏であれば、反射的にリアクションバイトすることがある。

対して、ワームなどのスローなルアーの場合、その動きを見定めるように見る場合がある。その動きが食べるに値するかを見定めるように、観察するように、ちらりちらりと見る。

動き、そして質感。その状態が、バスのそれまでの経験と照合され、バイトするか否かの選択が下される。カロリーの高い、食べるに値する弱った生物。そういった生物の動きは、遅い。

そして、ときに最後の力を振り絞るかのように、俊敏な動きを見せる場合がある。その「逃げるかもしれない」という演出が、バイトを誘発するきっかけとなる場合が多い。

バスは、大きな固体であるほど、「見定め」を慎重に行うと思っていい。そういった「見定め」の積み重ねが、その固体を生きながらえさせ、大きくさせた。

動きと質感。水を押し出す、生物的質量。死にかけの生物の動きは少なく、動かしすぎず、ときに小さく逃げるように。「シェイク」という動作を単に繰り返すか。その動作に意味を与え演出するか。この小さな心がけによる違いは大きい。

ルアーとは、「魅了する」ということ。絶妙な演出で、「見定め」を攻略してみよう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)