光と色

色というのは、光によって生まれる。つまり、光の無い世界には、色はない。光に含まれるスペクトルに対して、何を吸収して何を反射するかで色は決まる。

そして、もうひとつ重要なことは、見る側と対象との間にあるもの。人間であれば、空気。水中のサカナであれば、水がある。それぞれにも、光に対する性質がある。水中では、赤は早く失う。対して青は、深くまで浸透していく。

対象的な青と赤の色を考えてみる。赤は、失う水深が浅いが、対象との距離感が掴みやすいともいう。青系は、深くまで色を保つ上に、ウィードなどの緑系との調和性も高い。

どういった場面で、どういったサカナが、どういった色に、どう反応させるのか。ここにも、ワンラク上の細かな区別が生まれる。回遊系には、赤。居付きには青。そういったセオリーもあると聞く。

こうしたことには、明確な答は得にくい。こうした仮説に乗っかってみた上で、自分で確かめてみて、納得するかどうか。納得すれば、それは正解としていい。それが、真実かどうかよりも、その信頼が、サカナを引き寄せてくれる。

そういった「区別」をいくつもてるか。それが、アングラーを強くすると思う。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)