チャンクロック

チャンクロック。ちょうど、頭の大きさくらいの石。砂礫のエリアやロックエリアの、ところどころにあるチャンクロック。遠めに目視で、または水の動きなどから、その存在が確認できたとしたら、まずはチェックする。

特に、ベイトが寄っている場合は、そういったチャンクロックは、格好の待機場所になる。クランクベイトを流しているときに、チャンクロックにヒラを打ってバイトするという状況がある。

こういった釣れ方は、TPOにはまったといえる。こうした状況にハマル釣れ方をするときは、ほぼ、間違いなくキーとなる要素が存在する。その要素の複合が、パターンの成立の確度を上げる。

「シャローでクランク」も、ひとつのパターン。さらに「ブレイクに絡むチャンクロック」というパターン。もし、このパターンが成立するならば、ただ、シャローをクランクで流していくパターンよりも強い。

チャンクロックという視点を持つことで、ロックエリアそのものに区別を持った見方が出来る。それは、決して「大きな岩」ではない。他のロックより、一回り強の頭大の石。

ロックエリアで、チャンクロックは見つけられる。それは、見ようとしてはじめて、突然見え始めるものだ。チャンクロックという視点を持つことで、 ロックエリアそのものに区別を持った見方が出来る。

それは、決して「大きな岩」ではない。 他のロックより、一回り強の頭大の石。 ロックエリアで、チャンクロックは見つけられる。 それは、見ようとしてはじめて、突然見え始めるものだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)