フラットサイドクランク

時合はいいはずだが、条件が悪い。ベイトパターンまでいかないが、クランクやバイブでは、引き出せない状況。スピナーベイトには反応したとしても、フッキングにまでには持ち込めないだろう。

そういった状況で、手に取りたいルアーが、フラットサイドクランクだ。ノンラトル、バルサ製が、より心強い。フィネスで小バスと戯れるのをよそに、ワンサイズ上のバスが狙えるメソッド。

ただ、タフ状況には間違いないので、強力なパターンにはなりにくい。事故にでも合う様な感覚で、ポロッと釣れる。丸呑みでなく、外側にかかってくる。そんな釣れ方が、このメソッドだからこそといえる。

丸呑みや数が出てくるなら、スピナーベイトなどベイトパターンに切り替えてみる。状況をよく観察しながら、スイッチしていく。フラットサイドクランクの出番の見極めが、このルアーのチカラの出し方を決める。いざというときにこそ、手放せないルアーのひとつだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)