芽を摘むな

神経質になっているバスは、違和感を感じると、すぐに警戒してくる。そして、たとえバイトしたとしても、吐き出してしまうことは珍しくない。違和感とは、「引っ張られる」という状態。

ラインに引っ張られている状態という抵抗感は、自然界の中には存在しない。それは、ルアーの動きもさることながら、口にしたときの違和感もある。それを出来るだけ排除するために、ティップの柔らかいロッドを使う方法がある。

一方で、重めのジグやヘビキャロなど、硬めのロッドでアプローチする際は要注意だ。特に硬めのロッドを使っている場合などは、アワセ方が、非常に重要な要因となる。向こうアワセにならない限り、即アワセでなければ、フッキングに持ち込めない場合も少なくない。

だから、硬めのロッドの場合は、弾く前にあわせる。そのための集中力を保つことが重要だ。厳しい状況が続けば、1日ワンバイトということもある。そのワンバイトを逃しては悔しい限り。

だからこそ、まず「掛ける」ことにフォーカスしたい。ラインやロッドをワンランク下げて柔らかめにする。それで、本当に引き出せるか?そんな心配は、掛けてから考えればいい。

それは、「お金持ちになったらどうしよう」と心配して、その芽を、事前に摘んでしまうことと同じことだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)