ジグ

ラバージグというルアーの好みは二分する。デカバスが釣れるという理解がある一方、実際には、使いづらいという認識があったりする。そこには、何か特別なことがあるのだろうか。その形状や重さ?自然界に存在しない様相?

しかし、ジグヘッドはどうかというと、それは、実際によく使うし釣れる気もするという。ジグヘッドとラバージグ。たしかに、そのコンセプトも用途も違うルアー。ジグというフックにウェイトがついた形状。基本的な構造は、正直同じだ。

難しく考える必要はないだろう。まずは、ジグヘッドを扱う感覚で使ってみる。タテのストラクチャーにタイトに落とす。底まで落としたら、アクションを加えピックアップ。重めのジグヘッドという感覚だ。

着底と同時のバイト、アクション初めのバイト。まずは、これでアタリの感覚や釣れる感覚を掴む。次は、ブレイクやハンプでトントン。カバーがあれば、入れ込んでトントン。特別なことは何もない。ジグヘッドの延長でラバージグは使える。

デカバスハンターの異名を持つルアー。仲良くなるにこしたことはない。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)