シンプルな協力者

本当の答えは、いつもシンプルなもの。多くの人は、自然の摂理にそぐわないような、方法やテクニックを探し、見つからないことに悩んでいる。答えがシンプルであることを、素直に受け入れて、一歩づつ進むことに躊躇しないこと。

そうやって、進むことが愚かなことだとか、バカなことだと決め付けてしまわないこと。アイスクリームを溶かさずに食べる方法は?クーラーの利いた部屋で食べる・・・溶けにくい素材を使ったアイスを・・・うちの子供は、こう答えた。

「溶ける前に食べてしまう」。サカナを釣りたければ、サカナのいる場所で釣りをすること。釣りがうまくなりたければ、釣りにいって、たくさん釣ってみること。

そのために、まずすることは何?この基本的な答えに目を向けることを無視して、特定の道具に期待したり過信することの意味は?手っ取り早い答えやウルトラCを探し期待する前に、本当の近道は、シンプルなところにあると知る。

一見、地味で手のかかる方法に見えたとしても、その道の先に、限られたものだけの高速道路がある。高速道路の上から、ミニカーを拾い上げるように、誰かが拾い上げてくれることを期待してはいけない。

近道を期待して、結果をすぐに求めて、意味のない失望をしてしまうようなことをしてはいけない。そして、高速道路のゲートはすぐそこなのに、あと一歩のところで、諦めてしまってはいけない。

「迷い」が、自分を混乱させていることに気付いたら、原則である「シンプルな答え」に立ち返ってみる。その瞬間に、悩みが悩みでなくなることは多い。原則というシンプルな協力者は、常に行くべき方向を正確に示してくれているのだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)