アピールとインパクト

ベイトの群れをバーチカルに攻めるならば、ダウンショットかジグという選択になるだろう。もう一方で、ミドルからシャローレンジまでを、エリアとして攻めるならば、ジグヘッド。

ジグヘッドは、通常通り、前方にキャスト。フォーリングを基本としてエリアを探っていく。ピスポットの攻めに対して、エリアの攻め。この2つのパターンは、用意しておきたい。

エリア攻めのジグヘッドでは、ある程度、バスを引き寄せる力が必要になる。それ故、ジグヘッドは、若干重めのウェイトで、ハイアピールのワームを使いたい。ハイアピールものとしても、ここでは、フィールドに与えるインパクトも考慮。

シルエットを大きくしてアピールしながらも、インパクトを抑えるというアプローチがある。クロウ系やグラブ系のハイ・インパクトもの、シャッド、ストレート系のロー・インパクトもの。

これらは、そのときの水の濁り方などで、反応に違いが出ることが想定される。ディープのダウンショット。フラットのジグヘッド。そして、アピールとインパクト。フラットエリアとディープエリアを攻略して、散らばった秋バスを攻略しよう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)