ジャークベイト

ジャークベイトは、ゆっくり見せて食わすというより、下から湧いて出るようにバイトさせる。つまり、ジャークベイトが効果的に使えるエリアは、バスが、下から突き上げられるような場所。

ウィードの丈がそこそこあったり、ストラクチャーの高さがある場所などだ。そういった場所で、ウィードのツラをジャーク。2ジャーク1ポーズのペースで、ラインスラックを利用しながらテンポよく行う。

ジャークで気付かせ、フローティングで見せ、次のジャークのタイミングでバイトさせる。フローティングの持つキビキビした動きが、より生命感のある波動を生み出してくれる。ジャークベイトを活かすためのセッティング。

シチュエーションとアプローチ。ジャークベイトがアングラーに求めること。そして、それに応えていくということ。ジャークベイトの釣りは、ルアーがルアーであることを再認識させてくれる。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)