太陽の存在

シャローには、大型の固体がいる。このセオリーの裏づけとは何か。それは、とても基本的なことに関連している。他の固体よりも、大きくなるということは、他の固体よりも、豊富にエサを食べるということ。

そういった環境を選択し栄養価の高く、リスクの少ない食生活をしていることになる。豊富なエサをもたらす要因は何か?それは、まぎれもなく「太陽」の存在だ。太陽は、多くの動植物にとって欠かせないもの。

その太陽の恩恵を大いに受けるシャロー。シャローは、様々な動植物にとって、生きるために必要な最低限のことが揃っている。そういった数少ない快適に過ごせる場所。そういった場所を確保できた固体は成長する。

様々な選択肢が存在するからこそ、シャローでは、様々なアプローチが成り立つ。シェード、シェードとはいっても、太陽の恩恵を全く受けないシェードはNG。太陽の恵みを存分に受けたベイト。守りと狩りに適したストラクチャー。

太陽が動くからこそ状況は変化する。変化は不確実性を作り、生物のドラマを生む。そういった奥深さを感じながら見えてくるスポット。そのスポットに繰り出されるキャスト。

ただ惰性で、キャストを繰り返すこととは、その意味も重さも違ってくる。それは、サカナへと通じる道となる。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)