冬のリアクション

冬は、バスは特定の場所に集まっている。その場所をダイレクトに攻めていくことが、基本的な攻め方になる。しかし、陸っぱりでは、そういったスポットをダイレクトに攻めにくい。

また、ピンスポットが絞りきれずエリアで捉える場合にも、有効となるのは、バイブレーション。ただし、通常期のタダ巻きする通常の使い方とは異なる。冬のバスは、あくまでもリアクションがキモになる。

基本は、リフト&フォール。キモは、しっかりと底までコンタクトさせること。イメージ的には、岩や石の隙間に、丁寧に落として上げていく感じで操る。

リフト時の引っ掛かりから外れたとき、そのタイミングにバイトがでることが多い。だから、根がかりしたと思っても、焦らずロッドを弾いて外してバイトを待つ。根がかり対策としては、フックはダブルフックに交換しておくこと。

この釣り方に反応できる個体は大きい。くればでかいと見込んで、集中力を維持する。ピンスポットの釣りとエリア攻略の釣り。この2メソッドで、「暖かい冬」を過ごそう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)