差をつける

バイト自体が少なくなっていく時期、数少ないバイトを確実に捕らえて行きたいと思う。そのために出来ることは何か。そのための対策は、出来る限りやっておきたい。フックを細軸に変える。

トレーラフックをつける。臭いをつける。・・・フックポイントが露出しているジグのような、オープンフックでガードがないもの。ルアーの中で、唯一生き物素材として、認められているポークも、この時期活躍する。

寒さにで固いアクションになることを防ぎ、その動物的な感触は、異物感を取り除く。プラグの掛かりを重視するならば、リアをアウトバーブのフックに変える選択もある。フックも小さくするばかりではなく、時には、ワーム全体を覆うくらいが良いケースもある。

ショートバイトやつまむ様なバイトは、感じ取ることすら、困難な場合も多い。ショートバイト対策を施すことで、向こうアワセでフッキングできる場合もある。物事をうまく運ぶための考え方として、同時期にできるだけ多くの選択肢を行うという考え方がある。

そうすることで、それぞれのシナジー効果が期待でき、効果が現れるのが加速されるという。フィールドに出ないときは、ショートバイト対策のセッティングを考えてみる。そこまでやっている人が少ないからこそ、そのことをやる意義は大きい。

誰にもマネが出来ないようなことで、ライバルとの差をつけようとしてはいけない、小さな一歩を余計に踏み出すだけで、その効果は十分に現れる。あとは、それを継続していくだけだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)