デカバスの理由

デカバスがデカバスである理由。そこには、明確な処世術があり、好奇心主流で「反応」する小バスとは一線を画する。そこには、明確な行動パターンや、それを促すための思考パターンの違いがある。

だから、小バスのパターンを追い求めても、デカバスに出会う確率は極めて低い。デカバスには、デカバスのパターン。その見極めを行うことが重要だ。興味をそそる情報は、あちこちにある。注意力を散漫させるメディアもある。

デカバスは、努力の仕方や方向性、限られた時間の中での処世術を知っている。好奇心だけで反応していては、いつも誰かに釣られる存在になりかねない。自分の人生を歩む人。その人をサポートするために生きる人。どちらも、必要な存在であることに間違いは無い。

そして、そのどちらになるかを常に見極められている現実。まるで、人を「ふるい」にかけるかのように、誘惑するかのように、様々なコンテンツが存在している。

誘惑に負け続けることは、小バスの選択。努力の仕方を見失い、好奇心や興味だけで行動し、本当のリスクに気付くことなく時間だけが過ぎていく。デカバスがデカバスである理由。努力の仕方の違いが、行動パターンを変える。

その過程の経験が、さらに成長を促していく。誘惑に負けない。デカバスの処世術を身に付けよう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)