ラインメンディング

フライフィッシングのテクニックのひとつに、ラインメンディングというメソッドがある。フライがラインに押されて、不自然な動きになることを防ぐためのもの。竿先を操作してラインを上流側に向ける。フライがラインの微妙な抵抗を受けないようにする。

これを狙ったメソッドは、実に奥深い。つまり、サカナはラインに引かれるフライの、不自然な動きを読み取ってしまうことを前提にしている。冬のディープエリアでの、繊細な釣り。そういった状況において、この考え方は使える。

バス釣りにおけるルアーは、流れに任せるなどはなく、操って動かす。バス釣りにおけるメンディングの狙いは、ラインの抵抗をなくし、フリーの状態を作ること。竿先を左右に振るなどして、ラインの入りの状態を変えてやる。こ

の動作の中でルアーは少しの間、ラインに引っ張られる状態を無くす。ルアーは、動いていながら、ラインテンションによる不自然さがない。この状態が、ラインメンディングの狙い。このラインメンディングメソッドは、冬だけではなく、渋い状況では使える。

この冬の時期を使ってマスターしておきたい。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)