シャッドのステイ&トゥイッチ

シャッドのステイ&トゥイッチ。テトラや岩などの障害物に潜むバスを誘い出す。低水温のこの時期、有効なメソッドだ。ポンプリトリーブよりも、リーリングでゆっくり潜らせ当てる。そこで、ステイを入れた後、チョンッとトゥイッチを入れてやる。

イメージ的には、バスの鼻先でチョンッ。そのタイミングでのバイトを誘う。根がかりを防ぐための、チューンアップも有効となってくる。前傾を維持するように、スローフローティングにする。全部に板オモリを張ってみたり、フックサイズやリングサイズを変える。

クルクル、コンッ、・・・・ チョンッ、クッ・・モソッ。このモソッを感じたらしっかりあわせる。この時期、アタリの取り方で釣果は変わる。違和感を感じたら、迷わずあわせることだ。このメソッドのキモは、障害物へのコンタクトとステイ&トゥイッチ。

動きの幅が大きくなりすぎたり、スピードが速くなりすぎたりしないように注意。ミノーフィーダー化するこの時期、積極的に、シャッドをキャストしてみよう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)