タイトなフラットサイド

冬には、バイブレーションを用いて、底を叩くように引くメソッドが有効だ。しかし、陸っぱりからのアプローチでは、根がかりなどで効率が悪くなることを懸念する。

そこで、登場させたいのが、フラットサイドクランクだ。フラットサイドクランクは、タイトウォブリング。タイトな動きは、ワイドウォブルよりも、コールドウォーターで有効だといわれる。

フラットサイドクランクを、スローフローティングにチューンする。そして、底ギリギリに引いてくる。すると、岩や障害物にあたることがある。そこで、ストップ。少し浮き上がらせてから、また、ゆっくりと引き始める。

その引き始めのバイトに集中する。テトラや護岸エリアなど、カバーが明確であればシャッド系でもいい。見た目フラットなエリアを広く探っていくなら、バイブ系やフラットサイド系が効率的だ。

ゆっくり引けるバイブレーション。根がかり回避できるバイブレーション。そういったポジションを与えてやると、それなりに、良い仕事をしてくれる。バルサ系のノンラトルものが、ラインナップされているのもいい。

それらの持つ特徴を理解して、活かせるようなポジションにあてる。あらゆる場面で、役立つ基本的な考え方だ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)