針先を刺す

冬場のアタリは小さい。そして、運動機能の低下もある。だから、バイトがあっても抵抗は弱い。本来ならば、逃げようとして反対方向の力が働く。だから、フッキングも決まりやすい。

しかし、この時期は、引っ張れば、その力に引っ張られるだけという状況もある。だから、ランディングギリギリのところでの決死のエラ洗いでバレルことも少なくない。より少ない力であっても、フッキングできること。

それが、この時期の大事な要因のひとつとなってくる。フッキングとは、どういうものなのか。それを、まずはしっかりと理解しておきたい。フッキングとは、針先が刺さって何ぼ。

針先が刺さってくれれば、力の入れ具合で貫通もする。しかし、針先が刺さらない状態、つまり、引っかかっただけの状態では、まずバレル。加えて、冬場のディープの釣りでは、出ているラインも長く、力も伝わりにくい。

だから、まずは確実に針先を刺すこと。そのために、できることは簡単だ。細軸かつ鋭いフックを使うこと。そんなことと感じるかもしれないが、数少ないアタリを逃してから後悔しても仕方がない。

冬場対策として、やっておきたいことの一つだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)