冬の線

冬は、ディープで水が動かないところ。少しでも、水温が安定し高いところ。そんな定番があるだろう。確かにそれは、手堅いパターンだといえるだろう。

しかし、あえてシャローという選択もある。もちろん、暖かい日が続いた後とか、ベイトが寄っているとかの条件は必要になる。もしタイミングがあえば、グッドサイズが期待できるパターンになりうる。

そして、もうひとつのパターンとしては、流れ込みなどの水が動いている場所のパターン。これも、冬の常識とは逸脱するかもしれない。しかし、ここでもベイトの条件が揃えば可能性はある。

真下に落としていくディープの点の釣りに対して、シャローや流れ込みのパターンは、線の釣りになる。朝一番は、とりあえず線の釣りから入りがちだが、冬の場合は、日中帯の日が差し込んでからが線の釣り。

季節や状況に応じて、固定観念に囚われず、集中力をとぎらせない工夫をしながら、取り組みたい。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)