冬の陸っぱりメソッド~フォロー

冬の陸っぱり。バイブのズル引きメソッドで、反応がなかった場合、もしくは、アタリはあったが乗らなかった場合のフォロー。まず、認識しておきたいのは、再度、同じスポットにバイブを通しても見込みは薄いということ。

そのためのフォローメソッドを用意しておく。リグは、キャロライナ・リグ。軽めのシンカーで、吸い込みやすいセッティング。ただ、吸い込みやすいといっても飛距離も欲しい。

だから、1/4oz程度で耐えられるキャパのロッド。リーダーは、長すぎるとアタリが取りにくい。リアクションも誘いたいので、長すぎず短すぎずの70cm程度。ワームは、一口サイズのミニチューをマス針にセット。

キャスト後は、底まで沈めてゆっくりと引いてくる。岩などの引っ掛かりを感じたらステイ。ロッドをタテにさばいて、プンッと外す。そして、フォール&ステイ。アタリでるなら、このときに集中する。

スポットを絞りにくいフィールドでの陸っぱりは、広く探れるかどうかがひとつのキモになる。バイブのズル引きとキャロのフォローをセットにして、フィールドを輪切りにするように攻めていく。

それでアタリがなければ、そういうときもあるということ。限られた場所と時間で、確率を上げる。そのことに集中できるメソッドに絞り込むことだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)