釣りも同じ

釣りは、いつも自分の思いどおりにならない。そのことを、釣り人はよく理解している。そうした中でも、自分のコントロールできるものは何か。それを見出し、実践できたものに、女神は微笑む。

そして、たとえ、その結果が望ましいものでないとしても、釣り人は、それを受け入れる哲学というものを備える。一方、日常生活においては、このバランスが危うい。

到底、自分のコントロール下にないものを、あたかも、コントロールできるかのように感じてしまう。そして、それが、思いどおりにならないことを、ストレスという形で、抱え込み病にまで発展する。

サカナと人間との違い。それは、言葉や意思疎通ができるということ。人間同士の繋がりは、共通の言葉を持って成される。だから、お互いに意思疎通ができると”思い込む”。

しかし、実際には、交わりようのない価値観によって、あらゆる解釈には齟齬が生じてくる。それが、ストレスの原因となる。サカナは、本能によって行動する。つまり、その行動パターンは、分かりやすい。

人間には、意思がある。だから、行動様式も一様にはいかない。とても、不謹慎な話だが、対人関係は、サカナより難しいと考えた方がいい。

つまり、思いどおりにならなかったとしても、それは、「今日は、アタリがなかった」。ただ、それだけのことに過ぎない。それは、サカナが自分を嫌ったわけでも、自分の能力が極端に劣っていたわけでもない。

「今日は、厳しかった」ただ、それだけのことだ。釣りと同じように、またやり直せばいい。とにかく投げ続けること。ただ、それが、唯一のバイトを得る方法だということを忘れないことだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)