ライトメタル

冬の基本的な選択肢としては、ディープのメタルかシャローのミノーか。ディープの釣りは、スポットが絞れれば手堅い。シャローの釣りは、難しいがくればデカイ。そのどちらかの判断を下す前に、試しておきたいアプローチがある。

この両極端な選択の中間的なメソッドとして、ライトメタルのリフト&フォール。通常の14g~18gのメタルに対して、8g程度のメタルを使う。場所としては、岬などのディープに隣接するブレイク。それを斜に切るようにリフト&フォールさせる。

水深としては、4m~6mのレンジ。ディープエリアが10m以上とすればミドルといえるだろう。この釣りも、サイズ的にはシャローフィッシュに近い。はまれば面白い釣りができる。

この時期のこうした釣りは、水温だけではなく、ワカサギなどのベイトフィッシュの存在を無視出来ない。その状況を見極めた上での、ディープ、ミドル、シャロー。見逃しがちなミドル攻略メソッドとしてのライトメタル。手に加えておきたい1本だ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)