原点

たとえば、スプーンというものは、実にサカナとは似て非なるもの。それを、サカナのように見せて騙す。そこに、ひとつの面白さがある。リアルと大局にあるものから、よりリアルなものに近づけていく。

そこに醍醐味というものがあって、ルアー釣りの面白さの要因になっていると思う。もし、単にサカナを釣りたいというだけならば、エサ釣りをした方が、ずいぶんと効率もいい。そこをあえて、ルアー釣りを選択するということ。

それは、自ら「困難な方法」を選択するということ。つまり、ルアー釣りというのは、そもそも釣り難さを前提として遊ぶ遊び。その釣り難さで生まれるギャップをいかに埋めるか。その答は、ルアーのリアルさの追求だろうか。

それは、あったとして下の方に位置するだろう。それ以前に、埋めるべきギャップ。そこにフォーカスすることがひとつの課題となる。釣れないと嘆くもよし、諦めるもよし。しかし、その瞬間こそが、楽しみの原点であることを忘れないようにしたい。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)