シャッドのデッドスローメソッド

少し冬らしさが薄らぎ春めいた日差しが出始める頃、山を白くした雪も溶け、雪解けの冷たい水が流入してくる。その水は、底に入り込むため、それを嫌うバスは、少し浮き気味になってくる。そうした浮き気味のバスは、若干春を意識する。

つまり、冬のパターンを少しづつ抜け出してくる。浮いているバスを釣るのは簡単ではないが、寄せて食わすという基本に徹することだ。そのためのメソッドが、シャッドのデッドスローメソッド。

サスペンドがスローシンキングのシャッドを、とにかくゆっくりと引いてくる。ゆっくりという表現は、非常に曖昧だが、ここでいうゆっくりは、動くか止まるかくらいだ。だから、サスペンドよりもむしろスローシンキングの方が、扱いやすいといえるかもしれない。

狙うエリアは、基本は急深なブレイク。岩盤エリアなどは、水温も上がりやすくていい。基本的に、一気に追ってきて食うといった感じではない。ゆっくり近づいて、ハムッとつまむといった感じ。だから、小さなアタリを前提として、集中しておく。

底のバスは、口を使わないといった状況で、口を使う可能性の高い固体を狙い撃ちするメソッド。これからのド短期のメソッドとして使いたい。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)