ジグスピナー

小さめのスピナーベイトを使うケース。アピールして寄せて食わせたいが、シルエットは、小さくして見せたい。そういったケースでは、あえてジグスピナーを使う。

小さめのコロラドブレードのものに、1/4oz程度の軽めのジグを取り付ける。トレーラーをつけるならば、グラブ系だろうか。あとの使い方は、スピナーベイトと同じ。ジグスピナーの特徴は、アームとヘッドが固定されていないということ。

そのフレキシブルに動くということが、シェイキング&スイミングでも、アピール力を増す。チャーターベイトのようなスイミングジグ。そのような印象で使ってみるのもいいだろう。また、通常のジグのようにリフト&フォールで使ってみてもいい。

つけているのが、ジグというこおとであれば、ジグっぽい使い方に抵抗も少ないのではないだろうか。もちろん、タイニースピナーベイトでもいい。しかし、ジグにプラスαしたいならジグスピナー。そういった選択を持っていることも、もう一味の役に立つ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)