ジグトレーラーの使い分け

ジグのトレーラーとして、様々なタイプのトレーラーが使われる。ピッググラブ系クロウ、チャンク系パドルテイル系etc。とあるプロが言うには、これらの使い分けにルールがあるという。

基本的には、ツインテールのグラブ。主に、秋口は、水をかき回す方がいい。そして、冬や春先などのコールドシーズン。ここでは、秋と異なってパドルテイル。

そして、春のスポーニングシーズンには、チャンク系やクロウ系のハイアピールモノ。シャローカバーなどにいるバスの目の前で、怒らせるアクションを意識する。夏になれば、さらに大きくしていく。ブラッシュホグのフルサイズも使うという。

夏場は、体力やエネルギーの蓄積に、貢献できると思わせることができるベイト。ジグは、オールシーズン使えるルアー。しかし、そこは一片通りの使い方では面白みがない。

それぞれのシーズンで、バスの意識も異なることを考慮してみる。そして、トレーラーの選択に幅を持たせてみる。バスが何を求めているのか。その仮説と検証が、アングラーの腕を上げる。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)