フォール

ルアーをキャストしてフォールさせる。そのフォールにも、基本的には3種類ある。フリーフォールカーブフォールスパイラルフォールフリーフォールは、ラインを送り出して、真下にルアーを落としていく。

カーブフォールは、ランテインションを保ち、文字通り、カーブさせる。スライドカーブという場合もあるだろう。スパイラルカーブは、円を描きながらのフォール。チューブヘッドを挿入した場合などはスパイラルフォールする。

フォールする動作だけではなく、姿勢にも着目してみる。そのフォールする際の動きとして、小さく横揺れしながらフォールする動き。それは、シミーフォールと呼ばれる。トッププロの間で、一時シークレット的に扱われたフォール。

その速さや、フリーからカーブまでの幅によって、その効果性の違いが、囁かれたりもした。バスに限らず、サカナは上から下に落ちるものに、過敏に反応し、追い食いするケースが多々ある。そのフォール姿勢や動作に、反応させることができれば、勝負は早い。

まずは、フォールで食わせてみる。キャスト後のフォールの間合いにこそ、はじめの勝負があることを忘れないようにしたい。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)