フローティング

春といえばサスペンドミノー。まだ、活性が上がりきっていない固体や、ネストを守る個体を刺激するステイモーション。サスペンド系のシャッドやミノーが、ヨコの動きに対して、タテの動きで誘う場合がある。主に、産卵前に偵察に上がってくるオスがターゲット。

そうしたオスに対しては、あえてフローティングだという。もぐらせて、浮かせる。そして、浮いたところでステイ。この浮き上がる動作がバスを誘う。そして、浮いた状態でのステイで食わす。

産卵では、まずオスがシャローに上がり、そして、メスがセカンダリーポイントに控える。そして、オスがシャローでネストを作り始めれば、いよいよメスがシャローに上がってくる。春には、こうした様々な状態の固体がいる。

どういった状態の固体を狙うかでアプローチも異なる。もし、春の陽気を感じ始めたなら、まずは、シャローにあがるオス狙いが常道だろう。そのためのフローティングミノー。その姿は、シャッドキルウェザーと呼ばれる、三寒四温にやられた弱った小魚を演出できる。

力尽きる前の渾身の泳ぎ、そして、身を任せるようなフローティング。春先のシャロー攻めには用意しておきたい一本。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)