脱皮色

春、啓蟄の頃。地面の下で冬ごもりをしていた虫たちが、春の気配を感じて、地上に現れてくる。そして、新たな生命を育んでいく。その過程では、固体それぞれの成長があり、その成長の仕方も、またそれぞれにある。

甲殻類であるカニやザリガニは、脱皮することにより成長する。そして、それは、硬い鎧を脱ぎさるときでもあり、もっとも、危険にさらされるときでもある。脱皮の時間もさることながら、脱皮直後からの一定期間は、殻も柔らかい。

本来ならば、敬遠するであろう敵も、このときばかりは、攻撃を加えてくる可能性がある。その脱皮直後の状態を表しているもの。それが、プロブルー系のカラーだと云われている。

硬い甲羅も気にしないくらいの固体であっても、消化の負荷をかけない脱皮直後のベイトは魅力的だ。食べやすいものをプレゼンテーションする。その一工夫で、バスをその気にさせてみたい。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)