定番の一歩先

そのシーズンや状況によって、セオリーや定番というものがある。しかし、そういったセオリーや定番も、フィッシングプレッシャーの影響を受ける。それによって、バスの付き場が変化する場合がある。こうしたことを考慮して、その先を読むことも必要だ。

ゴミ溜まりは、重要なヒントではあるが、そういったところは、誰でも狙うもの。もちろん、アプローチはするにはするのだが、そこに、もう一つ、手を加えてみたいと考える。ゴミ溜まりは、流れが集まる場所。いわば、その流れのゴールだともいえる。

であれば、そのゴールの手前のブレイク。そこも、ひとつの重要なポイントであるといえる。シャローフラット、流れ、ブレイク。こうした要素から、回遊のルートを推し量ってみる。そこから見えてくる、一歩手前のポイント。

そこは、プレッシャーを考慮すればチェックすべき場所。セオリーや定番は、それはそれとして考える。さらに、そこに一手間加えて、考えてみる。こうした小さなアプローチの違いが、釣果の差を生み出すことは、少なくないだろう。

定番すぎて、逆に皆が狙わないような場所も、ひとつ先を考えることということもできる。その場所だけをピンポイントで見つめていても、そういった周囲のポイントや一歩先は見えてこない。どんなときでも、俯瞰して眺めて見ることが時には必要だ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)