ローテーション色々

バス釣りに重要な要素として、時合いがある。時合いとは、タイミングのようなもの。基本的にバス釣りは、確率のゲームだから、いかに確率を上げるかを基本的に考える。そのときに、時合いという考え方は欠かせない。

たとえ、バスがそこにいたとしても、時合いが悪ければ、バイトを誘発することはできない。だからといって、そこに拘り続ければ、メンタル面からも、いい状態には保てない。だから、アングラーは移動する。たとえ、そこにいるだろう信じていたとしても。

その移動の繰り返しの中で、ぶつかるのが時合い。全体の雰囲気から、それを感じ取る心持ちが必要だ。捕食場でのタイミングを測りたいならば、待機場所で、その時合いを待ってみる。おそらく、そのどちらにもバスはいるだろう。だが、基本的な攻め方は異なる。

待機場所では、フォールやステイなど動きを少なく、回遊場所や捕食場では、動きのあるもので。さらに、回遊場の攻め方としてはフラットを流す釣りと、その入り口にある水が寄れる様な待ち伏せ場への攻めがある。

確率的に望めるのは、待ち伏せ場ということになるだろう。ローテーションさせるのは、必ずしもルアーだけではない。場所のローテーションや攻め方のローテーションもある。

アングラーにとって、モチベーションも重要な要因。うまくローテーションしてベストな状態を維持しよう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)