クランクベイトのチカラ

クランクベイトの特徴のひとつは、その形状にある。丸型の形状は、それだけルアーの体積を大きくする。そして、その体積の大きさは、そのまま浮力の大きさになる。

クランクベイトは、引けば潜るというルアーだが、浮力の大きさは、その潜る力と拮抗する。それがキビキビとした動きを生み出す。そのキビキビさは、水を押し出すチカラにもなり、それだけ、サカナに波動として存在を知らせることになる。

ただし、完璧なものは存在しない。クランクベイトにも欠点があって、それは、引く早さに限界があるということだろう。早く引くならば、逆にルアーの体積は小さい方がいい。だから、早引きにはシャッド系のルアーが向く。

クランクベイトでも、小さいものならば、早引きで対応することも可能だ。ルアーがしっかりと泳ぎ、アピールできる動き。それを踏まえて、ルアーにアクションを加える。

クランクベイトは、それ自体で優れたルアーだが、そのチカラを最大限に発揮するのはアングラーの力量だ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)