何故、バスを釣るのか

バス釣りはバスを釣ってナンボ。釣りをする以上は、そうであっても間違いはない。しかし、バス釣りを面白くする要素としては、釣ったかどうかの他にもあるといえる。それはバス用のルアーの種類が、いくつも存在していることからも判る。

もし、釣ることだけにフォーカスするなら、ワームだけでいいし、エサ釣りの方が早い。なぜ、バス釣りには様々なルアーがあるのか。それは効率性を追求した結果だと言える。効率性とは、手返しの良し悪しではない。

クランクにはクランクのスピナーベイトにはスピナーベイトの“場”がある。そして、もちろんライトリグの“場”というのもある。バスは状況に応じて付き場を変える。だから、それを効率よく釣る道具が必要だった。

それぞれのルアーがどういった“場”を想定し、何を使えば、最も効率よくバスを釣ることができるか。アングラーに課せられているテーマはこれだ。

ただ釣れればいいという釣りもいいが、どうせバス釣りをするならば、もう一歩踏み込んだ方が面白い。ハードルアーで釣るのが正義ではないし、とにかく釣ることが正義でもない。

トーナメントではなくプライベートならばなおさら、もっとバス釣りを楽しんでみてもいい。自分のバス釣り対するスタンスはどうだろうか。ルアーの選択の基準に何をおいているだろうか。フィールドに出る間に思い返してみよう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)