バス釣りらしい季節

春といえば、スポーニングの季節。バスは、徐々に産卵を意識しながら、シャローを目指す。しかし、シャローに上がってくるのは、水温が十分上がり切らないうちは産卵のためだけではない。

産卵場所の下見ということもあるだろうし、フィーディングということもある。どちらにしても共通的に言えることは、口を使うのは、やる気のあるヤツに限られていること。

つまり、食い気のない個体に口を使わせる戦略は、確実性を高めるようでいて、実は非効率であるといえる。だから、やる気のあるヤツを拾っていける戦略が、結局のところ、バスに口を使わせる確率は高い。

スローな釣りで見せて喰わせるのではなく、引き寄せられるもので、引き寄せて喰わせる。あとは、その引き寄せることに対する効率性。ニゴリが入って視認性が悪ければ、止めてみせるミノー系は本領を発揮できない。

カバーが多いならば、その回避性を考慮しなければ、効率性は落ちて行く一方だ。今ある状況の中で、引き寄せるには、何を選択し、どうアプローチする方がいいのか。その試行錯誤の経過が、バス釣りの醍醐味。

早春という季節はフィネスという戦略を意識下で遠ざけてくれる。その分、ある意味で”攻め”の戦略中心で考えられる。早春は決して簡単な季節ではない。しかし、バス釣りらしいバス釣りを展開できる季節。その期間を存分に楽しみたいと思う。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)