ジグのタイト&バーチカルフォール

産卵前は、まだ活性の高いバスばかりではない。その分、どうしても反応が悪くなって、タフなのではないかというメンタリティになってくる。ミノーやクランクベイトでの反応が悪ければ、シャローのカバー狙いが常套手段になる。

タフだという印象になるとフィネス系に手が伸びがちだが、むしろ、しっかりとウェイトを持たせた方がいい。その理由は、カバーへのタイトなフォール。ルアーというのは、どうしてもラインの抵抗に引きずられる。

だから、キャストして着水すると手前に寄ってくる。それは、当然ながら軽いルアーであればあるほどそうだ。そうなると、いくらカバーの際に入れれても、ルアーはカバーを離れながらフォールすることになる。

それでは得られないバイトがあることは確かだ。だから、しっかりとしたウェイトのもので、カバーにそってしっかりと落としていくことが重要だ。それも、ラインテンションを張り続けるのではなく、ロッドで送り込むようにすることも必要。

また、ウェイトがあるとピッチングをするにしても、キャスタビリティが向上するから、カバーの際には入れやすい。ジグでまっすぐ落としたいならば、フリッピングタイプではなくフットボールタイプもいい。

フットボールは、その形状から真下にフォールしやすい。しかし、カバーに入れるからガードは必須だ。ジグのタイト&バーチカルフォールで、数少ない春バスのバイトをモノにしていこう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)