シャローのバス

水温が10℃を定常的に超えてくると、シャローをクルーズするバスが出てくる。シャローにいるバスのタイプには、いくつかあって、それぞれに攻め方も異なってくる。浮きゴミやカバーに潜んでいるならば、スピナーベイトでダイレクトに攻めるのが吉。

すばやく反応してきて、バイトに持ち込める。また、岸際に鼻先を向けている場合も、スピナーベイトで直撃してやるのもいい。スピナーベイトのよいところは、見極めの時間も与えないずバイトさせるところだ。

カバーに身を寄せているタイプには、フローティングタイプのビッグベイトで誘い出す。カバーの度合いによっては、シャッド系でもいい。シャローをウロウロしているタイプもいるだろうが、基本的には、相手にしない方がいい。

はまってしまうと、余計な時間を費やすことになる。どうしても、クルーズして出ているタイプを狙いたいなら、ジグなどを通り道に放置しておく、待ち伏せがいいだろう。シャローにバスが上がってくるといっても、四六時中シャローにいるケースは、まだ少ない。

お昼前後の水温が上がってきて落ち着いている時間帯。そういった限られた時間帯が、ねらい目になってくる。特にカバーの少ない減水したフィールドでは、その傾向が顕著になるだろう。バスの状態と、周囲の状況。効率的なメソッドを選択して、攻略したい。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)