ヒラのキレ

水槽で泳ぐサカナがヒラを打つのを見かける。それまでの優雅な泳ぎから一転。その動きには、キレがある。そのキレを再現しようと考えたとき、浮力という要素は、外せない。浮き上がろうとする力に対して、引き下げようとする力。そのバランスが、キレを生む。

そのキレは、作りそのものの要因もあるが、素材が生み出すといってもいいだろう。ヒラ打ちは、サカナの逃走行為。そして、フィッシュイーターは、基本的に逃げるものを追う習性がある。それは、ネコにも見ることができる。

的確で、魅力的なヒラ打ち。それは、サカナたちに我を忘れさせる。もちろん、これはすべてのルアーに、必要な能力ではないだろう。そういった場面にでるルアーたち。見た目の美しさやリアルさだけではない、そうしたヒラのキレを生む素材や作り。

そこに目を向けてみるのも、また一考。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)