エリアつぶし

産卵を間近に控えると、バスは神経質になる。シャローにカバーがあれば、そこに潜み、警戒しながらタイミングを図る。もし、減水などでシャローにカバーがないなら、シャローに上がる手前のブレイクに控える。

ブレイクにあるストラクチャーにつき、状況に応じて移動を繰り返す。狙いにくいには、ブレイク狙いのパターン。まず、ありがちなのは、いきなりシャローまで踏み込んでしまうこと。当然、ボート位置がブレイクの上になる。

この時期の神経質なバスは、それだけで深場や別の場所に移動する。プリスポーンの時期は、エリアとの距離感が大事な要素になる。魚探でブレイクを確認したい気持ちを抑え、離れた場所からアプローチする。

もし、反応がなかったとしても、タイミングの問題かもしれない。エリアを休ませ、アプローチしなおすなど、基本的には、そこにバスがつくと確信を持つこと。反応がなければ、エリアの選択を変えるよりも、むしろ、ルアーの種別を変えた方が功を奏する場合もある。

産卵間近のゲーム。エリアつぶしのアプローチ。まずは、それを改めることだろう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)