産卵場所

産卵場所の選択は、バスにとって一大事だ。日光の差し込みや、底質、水位に対する傾向はもちろん、敵対する生き物からの影響もある。敵対する生き物には、もちろん釣り人も加わる。場所によっては、沖からだけではなく、陸からの脅威も想定されてくる。

だから、バスは、産卵前に物色のために、シャローを徘徊し、状況を確かめる。いくら大きく広いシャローフラットであっても、陸からの脅威にさらされるならば、そこは一等地ではない。

沖からの脅威は、ある程度避けようがないが、陸からの脅威は、場所によっては避けられる。生き物というのは、知能は高くなくても、生存と繁殖に関する能力は、人間の想像以上だ。ボートからのアプローチならば、陸からの脅威をさけられるような場所。

陸からのアプローチならば、立ち木とかで、バスから陸の状況が見えないような場所。特に、減水などでシャローカバーに乏しければ、そのプレッシャーに対する傾向は強まるだろう。

シャローで産卵するという文字面だけで捉えず、そこに生物としての本能があることを忘れない。それが出来れば、アングラーとして、もう一歩、前進することになるだろう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)