スイムジグ

シャローカバーへのアプローチ。用意しておいて便利なのがジグ。ジグをサーチベイトとして使うなら、ボトムまで落とすのではなく、スイミング。

小さめのスピナーベイト風に使う。スイミング用のチャターではなく、スライドするようなバナナヘッド。トレーラーも、特には必要ない。カラーも、特になんでもいい。

落としたときの印象で気付かせ、最初の動きで、追わせてバイトさせる。水深が若干あるような場所ならば、通常のジグのように沈めて使ってもいい。

スイムジグ。シャローカバーの多いエリアで、手返しよく探るなら、このメソッドが便利。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)