ハイプレッシャーなメジャーレイクへの心得

ハイプレッシャーなメジャーレイク。決して、ハードルアーで釣れないことはないが、総じて、釣りにくいと感じる場面が少なくない。そういった場合においては、スローな攻め。ライトリグやフィネスリグの出番。

しかし、ここで注意したいのは、ライトリグという”道具”が釣るのではないということ。重要なことは、使う道具の種類よりも、むしろ、その扱い方にある。あるエリアにキャストして、引いてくる。

ただ、これだけに表現されることも、その”扱い方”は、千差万別に表現される。落とす、底を取る、舐める、止める。そして、その一連の行為のスピード。それを、岬の置くから順番にやる、手前だけやる。

こうした違いを一言で表現するならば、それは、「丁寧さ」と表現することができるだろう。ライトリグやフィネスリグでは、スローが命。つまり、丁寧さを欠いていては意味をなさない。

この丁寧さを無視すると、ライトリグの本領を見失う。同じ場所で、同じリグで攻めたとしても、そのアタリも釣果も異なるというケースがある。その違いの多くは、この丁寧さ。

丁寧にやろうと思えば、根拠が必要だ。釣れる気がしないのに、丁寧になどできない。つまり、その丁寧さに裏付けられることは、自分への信頼であり、それに基づく集中ということになる。

キャストする前の自分への自問自答。そして、ルアーが伝えてくる情報の一つ一つを、感じて確認し、イメージするかのような丁寧さ。

何を使うかは、すべてではない。むしろ、それは、ほんの一部でしかない。どう使うかにフォーカスしてみよう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)