確率の基準

バス釣りというゲームは、基本的に確率のゲーム。それは、なぜ様々な種別のルアーやリグがあるのか、その理由を考えて見れば、容易に理解できる。

状況は、その時々で異なるために、その状況に応じて、最も効率よく釣る方法は何か。その追求した結果が、道具のバリエーションに現れている。確率ということを考えたとき、まずはじめに思いつくのは、マジョリティの動き。

つまり、そのフィールドのバスの大半が、どういった状況にあるのかを考えることだ。対象とする数が多ければ、確率は上がるという考え方だ。しかし、この大多数という数に比例して、反応しやすいバスの数も増えるかというとそうではない。

これが、ひとつの陥りやすい落とし穴だ。ある状態のバスは、100いるが反応するのは3%だとする。つまり、3匹しか反応しない。一方の状態は、20いるが反応するのが30%であれば、釣りやすいサカナは、6匹いることになる。

あとは、100に対する3%に出会う確率と、20に対して30%に出会う確率の比較ということになる。ケースに当ててみるならば、ミドルレンジにバスはいる。しかし、反応を得るのは難しいという状態。

一方で、カバーにつくバスがいる。カバーにつくバスは、比較的ルアーに反応しやすい。しかし、わかりやすいカバーにつく個体数が、絶対的に少ないと判断されるときなどがある。どちらの状態へのアプローチが効率的か。

それは、自分の力量と道具の選定との相談。1日という釣行の中において、戦略を大きく見極める必要性に迫られることがある。そこで、思い切って切り替えることが可能か。

それは、自分の中での確率の基準ひとつ。確率をどのように捉え、考えるか。それは、とても重要なスキルであり経験だろう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)