プルプルステイ

ポストスポーニングの基本的な戦略は、スローに徹することということができるだろう。プリスポーンのポイントであった、セカンダリーエリア付近のカバー。そのカバーをタイトに、そしてスローに攻める。

ここで重要なことといえば、スローとはいえ、極端にいえば、ルアー自体は動かさない。正確にいうならば、「意図的」に動かさないといえる。ヘビーダウンショットのシンカーを、アンカーのように湖底につけたまま放置。

ラインを張りすぎず置くことで、ライン自体が水流や流れを受けて動く。そのわずかな動きを受けて、ルアーが動く。その動きだけで、誘うという方法だ。そのためには、少し張りのあるルアー。

キャタピラワームにあるような動きといえばいいか。ウネウネではなく、プルプルと振動するような感じ。動きすぎないという臨場感を演出してくれる。風があるような状況では、非常にメリットの高いリグだといえる。

一方、ルアーを固定するというメリットはあるが、逆に、枝などのカバーには絡みやすい。スローに攻めるつもりが、ポイントを潰すという、本末転倒なことにもなりやすいから注意が必要だ。

「こいつならば、確実に食べることができる」そして、「例のアレだろ?」と見極めさせない”臨場感”。プルプルステイで、その気にさせよう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)