着底放置メソッド

違和感を感じさせないようにする。ハイプレッシャーであり、かつバスが神経質な時、この部分へのこだわりが、効力を発揮する。何よりの違和感は、ラインによるテンション。

それは、水を切る音に加えて、バイトしたときのテンションも、また同じ。アタリを取るためには、ある程度のテンションがいる。しかし、それを張りすぎると違和感を与えてしまう。

また、シンカーの重さは、そのままテンションになる。ある程度の手返しや水深をカバーしようと思えば、このバランスが難しいポイントであるといえる。テキサスリグは、こうした点において優れている。

ペグ止めをしないで使用した場合、シンカーが、まず最初に着底する。それからワームが追って着底するが、その際には、ラインスラックが出ている。ここで、すぐにラインスラックを回収しない。

そのまま、シンカーを離したままで放置しておく。ルアーの着底時にバイトが集中するが、この際に、このラインスラックが比較的違和感を与えない。ラインを張り過ぎさえしなければ、アタリの振動は、しっかりと伝わってくるはずだ。

アタリがなければ、上方に上げておいて落とす。これで、またラインスラックが作れる。テキサスの着底放置メソッド。底を感じるためのテキサスではなく、違和感を払拭するためのテキサス。厳しい状況に試したいメソッドだ。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)