スピナーベイトの使い分け

スピナーベイトといっても、タイプがいろいろある。それぞれのタイプには、もちろん特徴あるが、やはり、好き嫌いはあるだろう。自分は、特定のタイプだけを使うという訳ではなく、独断と偏見による、自分なりの使い分けがある。

基本的には、ブレードの組み合わせと、ワイヤーの硬さと長さによって、使い分けをする。シャローカバーを打っていくような釣りには、ワイヤーが硬めのタンデムタイプを使う。

立ち上がりの良さと見せて釣る速さを重視する。バンクバーナーメソッドやウィードエリアの早引きには、硬めのワイヤーのダブルウィロータイプを使う。早引きの安定感をと視覚的要素を重視。

ブレイクを落としたり、立木などの縦のストラクチャーに対して、落としていくならシングルコロラドタイプ。ボトムをロールするような場合は、シングルウィロータイプで、どちらも、ワイヤーは柔らかめのものを使う。

ダブルコロラド+柔らかめのワイヤーのものは、ミドルレンジまでのスローロールに使う。ワイヤーに関しては、ゆっくり引くなら柔らかめ、手返しやスピード重視ならば硬めを使う。

ベイトがいるようなウィンディーサイドならば、タイトでフィネスなアピールを期待して、硬めを選ぶ。ワイヤーに関して言えば、硬さだけではなく長さも重要で、基本的には、長く取れた方がいいと思っている。

重心とフックとの関係性もあるので、ロアアームとアッパーアームのバランスも重要になる。シンプル、かつパーツの組み合わせで完成する、スピナーベイトだからこその奥深さと面白さがある。使い分けることを楽しんでみよう。

[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)